アプリ制作を着実に実行

現在はアプリがWEBでのセールスの中心になりつつあります。

基本 CMYK

★★★そもそもアプリとは何なのか★★★

アプリとはSPよりも企業とユーザーの距離が近づいた媒体であると言えます。
アプリを通せば企業がユーザーにより積極的にアプローチできるようになるわけです。なので企業側はPCサイト→SPサイト→アプリという形でアプローチの形態を変えてプロモーションを行っている状況であり、制作会社もアプリ制作を積極的に請け負いながら仕事を進めています。
つまりアプリの普及は企業・ユーザー・制作会社の三者にとってメリットが生まれることになるわけです。

★★★いかにしてアプリを制作するか★★★

アプリ制作に求められるものはどのような機能が実装されているかということです。アプリに実装されている機能と企業側が求めている機能が合致した段階で購入・運用をするという手はずになります。
具体的には「プッシュ通知のカスタマイズ」「GPS型のプッシュ通知で店の周知を促す」「店頭でアプリを使いポイントを貯める」などの機能が考えられます。これらの機能が自社のアプリに必要かどうかを見極めるべきであるということです。
それには企業がアプリを使ってユーザーにどのようなメリットがあるのかを認識する必要があり、積極的に使ってもらうには何をするべきかという原点に戻るべきでしょう。
その条件を満たしているアプリを制作している制作会社を選んで話を聞くことが必要です。
場合によっては企業側が欲しいアプリ機能を制作会社が実装してくれる可能性もあります。それが制作会社側にとってもプラスになることがあるからです。

★★★アプリをどのようにプロモーションするのか★★★

アプリのプロモーションは「どれだけアプリをダウンロードさせたか」「どれだけ削除されないか」ということに尽きます。まずは「そのアプリの存在を知らしめ」「どのようなメリットがあるのかをはっきりさせ」「多くダウンロードさせる施策を行い」「アップデートを続けていく」という工程になります。世の中には既に凄まじい数のアプリがあるわけですが、そのほとんどがダウンロードされない・されてもすぐに削除されるという類のアプリになっています。それはアプリ制作の理由とユーザーへのメリットが考えられていないからそうなるわけです。
アプリのプロモーションには本体サイトを充実させる方法と、App Storeなどで高評価をもらって拡散するという方法があります。どちらも技術ではなくサービスがしっかりしていることが求められます。
このようにアプリも機能・サービスがしっかりしているからこそ世に存在する価値があると言えます。

●ITの代理店に関して

ITの人材を探すときはもちろんですが、サイト制作・構築などを依頼するときも代理店を通すことが多いです。

代理店ならばサイト制作のよい制作会社を知っていることに加え、SEOやリスティングの対応をしてくれます。

現在ではECサイトの制作や構築に加え、スマホサイトの制作とスマホアプリの制作まで幅広く対応してくれます。

今後はスマホアプリの制作・開発は必須なので、アプリの制作・構築は喫緊の課題であると言えます。

またSEOを依頼してサイトの順位を上げたい時には、ネットショップのSEOを行う企業がよいといえます。

企業は求人広告をどのような媒体にどんな形式で出すのが効果的なのでしょうか。

求人広告を通して優秀な人材を獲得するために必要なことをまとめました。

●応募者は求人広告に何を求めるのか?

求人広告に応募者が求めているものは「この企業に勤めても大丈夫だろう」と思える安心感です。

企業の理念や仕事内容が公開されていることは当然として、HPアドレスや会社概要・細かい勤務形態や待遇に至るまで書かれている方が安心できます。

もちろんそういったことはHPを見れば広告以上に細かく書かれていることが多いですが、HPを見るということは確実に興味を抱かせたということなので、そうなるまでにやらなければならない/掲載しておかなければならない内容があるわけです。

興味を持たせることができなかった広告を応募者は全く無視して他の求人を見ることになります。

そのページ/募集要項を見ただけでも応募者を安心させられるように、できるだけ細かく情報を掲載しておくべきでしょう。

●広告の掲載期間はどの程度が適切なのか?

求人広告は出来るだけ定期的に掲載してあるほうが効果は高まります。

長期に渡って広告を掲載し続けるとそれ相応の費用がかかるわけですが、応募総数が増えて求める人材が応募してくる可能性が高まります。

また掲載期間は新卒であれば就活が活発化している期間を考えて出す、一般的に企業の求人が増える秋から春にかけてを考えるなど戦略は立てられます。

応募者の立場に立って書かれた広告を戦略的に掲載することが応募を増やす効果的な方法といえます。

●大手転職サイト以外の掲載場所を考える

大手転職サイトに広告を出すとかなりの費用がかかりますが、ハローワークや各都道府県のサポートステーションに掲載を出す場合は0円で済みます。ハローワークは公的な機関なので掲載費用がかからないので中小企業が広告を出すことが多いです。

ハローワークに掲載される求人情報の形態は同一のもののみとなっており、その求人広告に掲載される文章のみで応募者は判断することになります。

またサポートステーションなどの公的な人材育成機関に求人を出すことも可能です。

そちらも費用は一切かからず最初から応募者と面談することもできます。業種によっては急いで人材を補填するときには有効と言っていいでしょう。

ただどちらの機関であっても、IT系などの特別な技術者はそれに合った媒体での求人広告を見ているので、見合った人材が応募してくることは稀といっていいでしょう。

下層でも書いているようにその業種の求人広告を出すにふさわしい媒体/サイトがあります。求人広告代理店と相談のもと効果的な内容の求人広告をふさわしい媒体に掲載して下さい。